top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


環境へ変化を及ぼさない達成行動

論理的欲求は外部環境へ影響を与える出力を(原則)伴わない為、物理的な側面での達成手段ではないと考えられます (理解することで再入力を得て論理的快楽を得る場合は別の話)。 誘引経路中に論理的欲求が存在しても構いませんが、行動として、環境的欲求を実行せず論理的欲求だけを実行していたら、 状況は何も変わりません。では、どういった基準で環境的欲求を選択させるのかが課題となります (欲求の選択基準としては、より複雑な欲求を選択するわけですから、論理的欲求が優先されます)。

と考えると、行動を出力し続けても、状況に変化がない場合、 その行動は優先されないというストレス(不快刺激)があればこれは解決出来そうです。 これは、論理的欲求に限らず、環境的欲求においても同じことが言えます。 また、数回ではストレスとならないように注意する必要があります。 これは、回数により攻略できるとこともある為であり、回数はその個体の経験値から導き出されるのが良いと考えられます。




人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.