top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


「飽きる」ことによる学習

※本章を理解するには「欲求解消の思考」と「欲求の強さ」の章を読み進めている必要があります。

「飽きる」という状態は、AICoreにとってどのような状態を指すのでしょうか?この辺りの検討を進めます。
「飽きる」とは、人間の体感で言えば、対象事象において、好きだったものがそうで無くなる、 つまりは、「欲求の繰り返しを望まないように変わる」と言い替えられると考えられます。

これをAICoreで置き換えると、欲求を望む状態から、今後、望まない状態へ遷移するのですから、 欲求最大値(欲求の強さを表す値)に変化があると考えます。また、欲求最大値(欲求の強さを表す値)は AICoreの環境的欲求が受けるより強い快楽度合であるとして記録することから、 処理上は、過去最高の快楽値と欲求最大値(欲求の強さを表す値)は別のパラメータで管理しておく必要があります。 AICoreでは、「飽きる」状態になると、欲求の強さを表す値が減少する仕組みとします。

また、上記の仕組みから、「飽きる」は、生得的欲求の仕組みには存在しないものと言えそうです。 通常の生活の中でも、飽きたから食べずに生きている人や、飽きたから寝ないで生きる人は聞いたことがありません。 まぁ、死んでしまいますので。。。基本的にはそのようなケースは、現世において病気扱いとなりますので、検討不要とします。

そして、「飽きる」とはどういった場合に、発生するのでしょうか?

これもまた、人間の行動と近しいものにしたいものです。と考えれば、簡単ですね。 快楽を受けた時に、飽きればよいのです。つまり、快楽を受ければ受けるほど欲求の強さを表す値を減少させ、 0に近付くほど「飽きる」という状態にすれば良いと考えられます。 (ただし、環境的欲求は、欲求不満状態がデフォルトとなる為、時間の経過と共に受信した快楽は消えて行きます)

また、「飽きる」という状態は、人間の場合、実際に行動(欲求解消行動)しなくとも「飽きる」状態へ 遷移することが確認できている(同じものを見続けると飽きるなど)ため、快楽のINPUT量のみで、 欲求の強さを表す値を減少させるという仕様もしっくり来ます。

その他、飽きるのは知的生命体において必要な機能と考えており、飽きることにより知識を増強でき、 高度な欲求を要求するようになると考えています。これは、赤ちゃんが簡単なことに興味を持って行動していたのが、 飽きて、少し複雑なことに興味を持つのと同じです。 もう少し設計に近い話の方が、分かり易いと思いますので、欲求の粒度で次章以降に説明します。




人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.