top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


欲求解消の思考

生得的欲求や環境的欲求から出力を発生させるには、実行条件に合致する状況が揃っている必要があります。 AICoreが置かれる状況で、解消したい欲求から出力を発生できない場合、その欲求の出力を発生させるための行動をとるのが、 欲求達成のための行動と言えます。この行動パターンはすなわち思考の結果現れるものとして、欲求解消の思考の結果行動が決まると考えます。

これからお話するのは、この欲求解消の思考パターンにおける種類と考え方になります。 全ての欲求解消の思考において、最も解消したい欲求の出力発生を求める前提とします。 また、欲求解消の思考開始時点のAICoreへのINPUT刺激が、AICoreの次の行動を決定付ける要素の一つとなります。

種類
・情動(無意識下の直結行動)
・直感(無意識下の連想)
・過去の無意識下の一連行動
・過去の有意識下の動的刺激再生



欲求解消の思考


上記と欲求解消の思考の基本処理について本章で、それぞれ説明して行きます。

また、これらの欲求解消の思考に共通する事として、最も解消したい欲求の達成の為に、複数の思考を組み合わせて利用することもあります。 また、多くの場合において、最も解消したい欲求の出力を発生させる為の状況を得るまで、 現時点の状況からAICore自ら状況を変える必要があります。ここで取り扱う思考機能についてはこの「AICore自ら状況を変える為の行動」を 結果的に計画するという部分でありますが、AICoreがこの関係性を理解して、行動する訳ではないことに注意して下さい。 あくまでも最も解消したい欲求の出力を発生させる為の状況に近づく為の行動を取った結果、 その様な意味深い行動になっているという点です。この自発行動の意味をAICoreが認識する話では無いということです。 これは後述する予定です。



人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.