top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


無意識の「泣く」と有意識の「泣く」

情動を基に感情が生まれる。という説からすると、「泣くからかわいそうと思うのであって、 かわいそうに思うから泣くわけではないのか?」という疑問に対してCELESTEEでは、次の解釈をしています。

まず、悲しみにより泣くという行為は、情動では無く、計画行動だと分類しています。 「泣く」という行為・行動であって、これは手を動かしてパソコンのキーボードをたたくような、 有意識下の行動であるとみています。 つまり、泣くことは原則制御「可能」な行為であり、噓泣きなどが例にあげられます。 また、子供の頃、転んで泣いた思い出があるかと思いますが、これも大人になった今では制御可能です。 これは、「悲しい」が「泣く」の契機になっている場合です(感情→泣く)。 これとは別に、赤ちゃんの頃に泣くという行為は、行動随伴性による反応であり、有意識の行動とは別物です。 「行動随伴性」の泣くという行為は、不都合や痛みなどの拒絶反応として体が訴える生得的な手段で、 論理的欲求を介さない無意識な情動行動の1つとして捉えています。 これらの「泣く」が混同され、理解を難しくしていると考えられます。

CELESTEEでは、全ての感情が情動から成り立つ事は正しいとして設計しますが、一度構築された論理的欲求もまた、 感情を生み出す契機として整理しています。 詰まる所、幼い子であれば、感情そのものが少なく、情動が多くを占め、 幼児から子供や大人になるにつれて論理的欲求が蓄積され、環境的欲求及び論理的欲求の両面の契機から、 「泣く」ことがあり得ると考えています。 論理的欲求からやってくる「泣く」とは、欲求の出力結果を再入力可能な器官によって自意識し、 誘引検索の末に、「泣く」(拒絶する)ものであると見立てています。




人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.