top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


生得的欲求の強さ

生得的欲求の場合、欲求の強さはその時のホルモン状態によって決まります。 生得的欲求に限っては、欲求最大値は人間であればおよそ生得的に決定しており、 AICoreのボディからどれだけのホルモンを受けられるかで決まります。 つまり、欲求最大値=ホルモンの最大受信量となります。

また、欲求の強さにおいては、欲求の解消に快楽を必要としない為、このコントロールはAICoreの外部にあたるBodyから 発生するホルモンに全て委ねられます。ホルモンによって、欲求の強さが直接影響を受けることから、ボディの状態によっては出力したい欲求が、 敏感に入れ替わります。
例えば、尿意を感じた時には、同時にトイレに行きたいという行動を出力したくなっているという事です。 システマチックに言うならば、さっきまで欲求の強さを0としていたが、ホルモンを受けて、欲求の強さを最大値で上書きするイメージです (急激な変化が起こりうるという意味)。 また、ホルモンの情報をAICoreへできるだけ短い間隔で伝達すると、AICoreの生存率が上がると言えます。
勿論、人間ではありませんので、Bodyが変われば欲求最大値も変わります。




人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.