top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


回避/否定

回避や否定とは、選択しないと言い換える事もできる。
選択しないとは拒絶ではない為、機能としては、先程も説明したが、快楽取得時の選択処理の仕組みで回避や否定を実現出来きているを示唆している。 つまり、選択しないという脳機能を快楽取得時の処理と同じ仕組みで実現出来ると仮定した場合、 選択しないという行動を全て肯定処理(快楽取得処理)で説明しなければならないことになる。

例えば、過去の快楽取得経験から期待することへの裏切があり(得るはずの快楽が無いなど)、 次回以降に裏切られない行動(別の手法で快楽を取りに行く)を取ると考えた場合、全て肯定処理(快楽取得処理)で説明できるだろうか?
これは出来そうだ。何故なら、行動選択時により期待する快楽の多い方を選択することで説明がつくからだ。 このケースが 某大学の実験レポートにもあった、外側手綱核、前部帯状皮質が反応を示していたケースである。 いわゆる行動発生確率の減少である。


回避/否定






人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.