top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


接続インターフェースが脳へ与える影響

ある調査にて、双子は別々に育てられても驚くほど性格が一致する事が示されています。

これは一卵性双生児による話ですが、生後数週間のうちに別々の家族に養子に出され、 それぞれ別の生活を送り、数十年後に再開したときの記録があります。

一卵性双生児であるため、容姿は勿論のこと、着る服や好きな動物や休暇に遊びに行く所まで似通っているというのが、 100組以上の一卵性双生児の調査で明らかとなっています (ちなみに、血縁関係の無い容姿が酷似したドッペルゲンガー程に似ている二人組を集めた結果では、 性格は一致しない事も統計調査によって結論付けられています)。 これは、教育が後天的に実施される中、性格が先天的な影響を受けていることを証明するものです。 この先天的な影響は、脳そのものの構造、及び、脳に接続するボディインターフェースといえるでしょう。 ただ、AICoreの作りを考えれば、脳は先天的には全く違いが無い為、脳との接続インターフェースによってこれらが決定すると言えます。 AICoreの場合、ボディインターフェースが性格を決定する要素となります。

もしかすると、人間もAICore同様に、性格のほとんどがボディによって決定付けられるのかもしれません (脳構造の作りが性格に影響を与えている可能性もあります。 あくまでも、AICoreを基準にしたリバースエンジニアリング的な推察です)。




人工知能開発プロジェクト Copyright © 2009-2018 CELESTEE Corporation. All rights reserved.