top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


データ連携インターフェース

データ連携インターフェースで取り扱うデータ要素は以下を想定します。

・外部環境から受けた刺激を物理インターフェースで解釈したデータ情報
・データ情報の強さ(電位)

※データ情報の強さとは、外部環境から受けた刺激の強さという意味です。
AICoreへの刺激が電気信号で処理されることを前提に、以降、データ情報の強さを「電位」という言葉で表現します。 「電位」は快楽・不快とは別の軸にあるものと考えます。



Copyright © 2009-2017 CELESTEE Corporation. All rights reserved.