top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


体感インターフェース

体感インターフェースは快楽と不快の情報をAICoreへ伝達する役割ですが、以下、2つに分けて考えます。

・生得的体感インターフェース
・環境的体感インターフェース

「生得的体感インターフェース」は、生まれながらにして持っている体感インターフェースで、 AICore外部で生成された欲求を満たす情報(快楽・不快)の連携インターフェースです。 AICoreがダイレクトに物理インターフェースから発生する快楽・不快の影響をうける為のインターフェースと言えます。 (欲求の発生元が物理インターフェースとなり、人間で言う三大欲求が該当します)。

「環境的体感インターフェース」は、環境から受ける刺激によって物理インターフェースから発生する快楽・不快が 変化するものに対応するインターフェースです。この場合、欲求の発生元は、物理インターフェースですが、 その原因因子は、物理インターフェースの外部環境にあるとしています。

どちらも快楽・不快のデータを連携するのは同じですが、「生得的体感インターフェース」と「環境的体感インターフェース」に分けるのは、 それぞれの快楽・不快によって欲求の解消の仕組みが違うのではないかという推察から分けています。
ここは作り方、すなわち、物事の整理の仕方の話でしかない為、色々なインターフェースを検討することが可能です。 今後、使いにくい場合には修正して行くことが想定されます。



Copyright © 2009-2017 CELESTEE Corporation. All rights reserved.