top ダウンロード サンプルプログラム お問い合せ


個体それぞれの感性

■議題
万人共通の感性って?

■検討会記録
人間の感性の違いについて、こんなことを考察してみました。例えば、味覚。
味覚の違いは人それぞれです。人によって、同じ食べ物を美味しいと評価する人もいれば、まずいと評価する人もいます。 これは、人によって体の作りが多少異なるためであり、それにより 外部刺激から快楽へのデータ変換範囲も人によって異なると推察できます。

もし、AICore設計思想が正しいとするならば、移植手術が当たり前に行われる背景をみても、 他人と体の一部を入れ替えても、脳と連携して動作すると考えられます。つまり、外部刺激から快楽変換までの仕組みは、 人によって多少変わってきますが、快楽変換後の快楽刺激の形は、 全ての人間の中でほとんど同じと考えてもよいかも知れません。

よって、味は脳で感じるのではなく、体で判断していると言えるのではないでしょうか。
そして、体が違えば、同じ刺激を受けても、脳へ伝達される刺激も違ってくるのではないでしょうか。
また、万人受けする味付けというのは、より多くの人が持つ平均的な細胞の体が快楽と感じるという意味であって、 一流の料理人の舌の素晴らしさは、より平均的な細胞の体が快楽と感じる味付けを知っているということなのだと思います。
(勿論、その味を実現する腕も必要です)




Copyright © 2009-2017 CELESTEE Corporation. All rights reserved.